社会福祉士 ソーシャルワーカーのスクール | 資格と仕事.net


社会福祉士・ソーシャルワーカー

高齢者や心身に障害のある人々を支援・援助

今すぐ社会福祉士・ソーシャルワーカーのスクールを探そう!

社会福祉士・ソーシャルワーカーの仕事とは?

  • 高齢者や心身の障害などで日常生活が困難な人や家族を対象に、社会福祉の専門的な知識と技術で相談に応じ、問題解決に向けて援助するのが社会福祉士(ソーシャルワーカー)の仕事。福祉施設や補助金制度、ホームヘルパーの派遣などが必要な人に対して、適切な福祉サービスを受けられるようアドバイスを行う。
    こうした問題を抱えている人たちを社会福祉士やソーシャルワーカーは直接的に援助するために、ケースワークやグループワークを行う。また、間接的な援助として、問題解決のための制度を作成するソーシャルプランニングや地域のニーズを把握するためのソーシャルワーク・リサーチ、利用者のニーズに即した関連施設の運営を行うソーシャルアクションなどの仕事を行うこともある。

社会福祉士・ソーシャルワーカーのメリット・特徴

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)の適性・活かせる才能
    社会福祉士は、支援する相手や家族など多くの人と関わる仕事なので、人と接することが好きなことが第一条件となる。ソーシャルワークの基本は相手との面接。面接を通して利用者の抱えている問題の核心を捉え、求めているものや必要としているものを明らかにしていく。人を支援していくためには、相手の話をよく聞くこと、相手をよく理解できるように努めなければならない。コミュニケーション能力はもちろん、相手とじっくり向き合いながら、深い信頼関係が築ける人に向いている。また、支援する対象は高齢者や障害者、母子家庭、失業者などで、相手の立場を理解し、人権を守ろうとする人権擁護の精神や倫理観を持った人に向いている。
  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)で必要とされる知識・スキル・資格
    ソーシャルワーカーとしての仕事は資格がなくても行うことができる。しかし、社会福祉士になるには、国家資格が必要で、社会福祉士(ソーシャルワーカー)の仕事をするには、社会福祉原論、老人福祉論、心理学や法学など、幅広い知識がいる。まずは、スクールで社会福祉士となるのに必要なカリキュラムを受講するのが良いだろう。
    また、社会福祉士として適切な援助を行うために、社会福祉援助技術という専門知識とスキルを身につけておかなければならない。社会福祉援助技術には、問題を抱えている人を直接援助する「直接援助技術」のほか、問題解決を図るプランを作成する「間接援助技術」、法律・医療・心理学などの専門家を招き、困難なケースについてのアドバイスを聞いてカウンセリングに役立てる「関連援助技術」がある。こうした援助を行うためには、計画を立案するためのプランニング力や、相談に応じるためのコンサルティング力やカウンセリング力、組織をまとめるためのリーダーシップなども必要。
  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)の働く場所・雇用形態
    老人ホームや知的障害者施設などの福祉施設。社会福祉協議会や在宅介護支援センター、地域生活センターなどの福祉サービス機関で働く。また病院、保健所などの医療機関のほか、社会福祉養成機関で講師をする人もいる。雇用形態としては正規雇用のほか、非常勤、派遣社員などさまざま。
  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)の収入の目安
    初任給18万円~。社会福祉士として、社会福祉施設や障害者施設、医療機関などに就職した場合

今すぐ社会福祉士・ソーシャルワーカーのスクールを探そう!

社会福祉士・ソーシャルワーカーのスクール・講座の特徴

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)スクールの特色
    専門の学校やスクールでは、一般の4年制大学卒の者の場合、1年間のカリキュラムで受験資格を取得するための指定科目を学ぶことができる。指定科目は、「人体の構造と機能及び疾病」「現代社会と福祉」「社会調査の基礎」「相談援助の理論と方法」「地域福祉の理論と方法」「福祉行財政と福祉計画」「社会保障」「高齢者に対する支援と介護保険制度」「保健医療サービス」「就労支援サービス」「相談援助実習」などの18科目。学校やスクールの授業では、ソーシャルワークに必要な知識を学び、受験対策講座では、国家資格受験に即した問題演習や個別指導を行っている。
  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)になる方法・試験情報
    社会福祉士は、受験資格を得て国家試験に合格すれば資格が取得できる。国家試験の受験資格を得る方法は、最終学歴により異なる。福祉系の4年制大学の場合、指定科目を履修して卒業すれば受験資格が得られる。福祉系短大の場合、3年制は相談援助実務1年、2年制は相談援助実務2年を経験した後、受験資格が得られる。
    一般大学4年制卒業者の場合、社会福祉士の一般養成施設で1年以上学んで卒業すること。
    一般短大3年制卒業者の場合は相談援助実務1年、一般短大2年制卒業者の場合は相談援助実務2年を経験した後、一般養成施設で1年以上学んで卒業すること。
  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)スクールの費用の目安
    体験レッスンは費用0円から。講座の費用は入学金、受講料を含めて90万円程度。期間・時間数は、1年(学習時間:1,200時間程度)が目安。

今すぐ社会福祉士・ソーシャルワーカーのスクールを探そう!

  • 福岡で探す
みんな悩み・不安を持っていた!転身に成功した先輩の体験談をチェック みんなの転身スタイル

社会福祉士・ソーシャルワーカー

梅田 耕さん
梅田 耕さん(29歳)男性 学生

期間 : 1年 / 費用 : 1,230,000円

転身前は? 大学ではアメリカンフットボールに打ち込み、卒業後専門学校に進学し社会に役立つ知識や技術を身につけようと計画していました。
転身後は? 利用者や地域の福祉向上に努め 自分の人間的な成長も実感しています。大学で学んだ心理学を生かし、人々の実生活に即したサポートがしたくて、たどり着いた仕事が社会福祉士です。今は障害者やそのご家族、地域や自治体からの相談に応じています。また、問題を抱えている方(利用者)の代弁者として、地域の福祉向上もめざしています。利用者と信頼関係ができ、状況が改善されるのが喜び。人間性が問われる中で、ケースを重ねるごとに自分の成長も感じます。

社会福祉士・ソーシャルワーカー

小林 由里香さん
小林 由里香さん 女性 介護福祉士

期間 : 1年 / 費用 : 950,000円

転身前は? 大学卒業後、学校教師として勤務。人と接することのできる仕事として社会福祉士を知り、目指したいと思うようになりました。
転身後は? 様々な価値観や考え方を持つ人々。 一つずつ大切に支援を行っていきたい。いま勤務している施設は、今年度より地域活動支援センターとして活動を開始しました。その為にスタッフにかかる不安も大きいですが、それ以上に様々な可能性を秘めていて、自分の力を試せる場所です。やりがいがありますね。今後は、障害をお持ちの利用者様がより多くの人と関わりをもつことができ、社会参加できるように支援するとともに、地域との架け橋的な役割を担っていきたいです。

今すぐ社会福祉士・ソーシャルワーカーのスクールを探そう!

  • 福岡で探す