あん摩マッサージ指圧師の学校 | 資格と仕事.net


あん摩マッサージ指圧師

マッサージ業を営むための国家資格

今すぐあん摩マッサージ指圧師の学校を探そう!

あん摩マッサージ指圧師の仕事とは?

  • あん摩マッサージ指圧師の仕事は、東洋の伝統医学に基づく施術により体調を整えること。はり・きゆうとは異なり、器具を使わず手だけを使い、押す、もむ、さする、たたくといった刺激を体のツボに与えることで体内の血行を良くし、肩こりや腰痛、疲労回復などの解消へと導く。中国から伝来したあん摩と、ヨーロッパで体系化されたマッサージを日本古来の指圧と合わせ、体系化した手技である。
    あん摩マッサージ指圧師は国家資格で、国家試験に合格しないと名乗ることができない。日本では、仕事としてマッサージ行為ができるのは、医師とあん摩マッサージ指圧師に限られている。個人でマッサージの治療院を開業する場合、あん摩マッサージ指圧師の単独資格でも開業できるが、はり師、きゆう師の資格を合わせて持つ人も多い。これら3つの資格を持つ人を鍼灸マッサージ師、または三療師と呼ぶ。
    現在、病院や診療所などの医療機関でも、治療に加えて、予防医学、健康づくりなどの観点から東洋医学が見直されており、整形外科やリハビリテーション科を中心に、あん摩マッサージ指圧師を、理学療法士などと同じコメディカルスタッフ(医療関連職種)の一員として採用するところが増えている。人々の健康を支える日本の伝統的な施術の一つとして、今後さらに注目の仕事といえる。

あん摩マッサージ指圧師のメリット・特徴

  • あん摩マッサージ指圧師の適性・活かせる才能
    人と接するのが好きで、相手をリラックスさせることが好きな人、スキルを身につけて独立したいという上昇志向の人に向いている。またスポーツトレーナーを目指している人で、スポーツ障害の回復にマッサージを取り入れたいと考えている人は、専門のスクールで学び、ぜひこの資格を取得しておきたい。本来マッサージ業は、この資格を持っていないと行うことができないからだ。あん摩マッサージ指圧師は、力を使う施術ではないので、女性にもできるのも魅力だ。東洋医学に興味があり、生涯にわたって貢献したいと考えている人にはぴったりの仕事のひとつといえる。
  • あん摩マッサージ指圧師で必要とされる知識・スキル・資格
    あん摩マッサージ指圧の技術を身につけ、国家試験に合格してあん摩マッサージ指圧師の資格を取得することが必須。国家試験では、あん摩マッサージ指圧理論などの専門分野のほか、医療概論、衛生学、公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学、臨床医学、リハビリテーション医学など、医学的な知識も問われる。スクールの講座できちんと身につけておく必要がある。
  • あん摩マッサージ指圧師の働く場所・雇用形態
    鍼灸マッサージ治療院、病院の整形外科や、理学療法科、リハビリテーション科。その他、ホテル、スポーツクラブ、エステサロンなど。老人介護施設や特別養護老人ホームの機能訓練指導員として勤務する人もいる。雇用形態は、正規雇用のほか、パートや臨時雇用など。実績を積んだあと、マッサージ治療院を独立開業する人も。
    あん摩マッサージ指圧師としての実務経験を5年積めば、介護支援専門員の受験資格が得られる。また、あん摩マッサージ指圧師の資格を持つ者は、職員検定により特別支援学校自立教科助教諭の臨時免許状が与えられる。また、臨時免許状取得者は定められた経験、単位修得により普通免許状が与えられる。
    あん摩マッサージ指圧師としてのキャリアを積んだ後、介護の分野へと転身を図ったり、特別支援学校の教員となる道も。地域医療、老人医療、スポーツ医療など、あん摩マッサージ指圧師の職域は、さまざまな方面に広がっている。
  • あん摩マッサージ指圧師の収入の目安
    初任給19万円~程度。病院などに就職した場合。
    年収300万円~。独立開業した場合。集客力やスキルによって異なる。

今すぐあん摩マッサージ指圧師の学校を探そう!

あん摩マッサージ指圧師のスクール・講座の特徴

  • あん摩マッサージ指圧師スクールの特色
    3年制の専門スクールでは、臨床家として第一線で活躍する講師が、アプローチから施術までマンツーマンで指導する。1年次から臨床実習を行い、あん摩マッサージ指圧の技術を磨く。参加型臨床実習では、クラスメイト同士で意見を交換し、お互いの手技を客観的にチェック。
    国家資格取得に必要な専門基礎分野や専門分野のほか、倫理学や経済学、人文科学、社会科学の基礎分野を学び、知見を広げる。女性疾患やエイジングケア、スポーツ選手のケア、高齢者の訪問介護マッサージや運動療法等幅広く対応できるあん摩マッサージ指圧師を養成する。
  • あん摩マッサージ指圧師になる方法・試験情報
    国家試験に合格してあん摩マッサージ指圧師の資格を取得する必要がある。国家試験の受験資格は、国が指定した学校または養成施設で専門知識と技能を学び、3年以上の課程を修了することが必要となる。専門のスクールでじっくり学ぼう。国家試験に実技はなく筆記試験のみで、視覚障害者は点字や拡大文字による受験が可能。はり師・きゆう師と共通の問題も多いので、合わせて受験する人が多い。
  • あん摩マッサージ指圧師スクールの費用の目安
    体験レッスンは費用0円から。講座の費用は入学金、受講料を含めて350万~500万円程度。期間・時間数は、3年(学習時間:1日5時間 程度)が目安。

今すぐあん摩マッサージ指圧師の学校を探そう!

  • 大阪で探す
  • 福岡で探す
みんな悩み・不安を持っていた!転身に成功した先輩の体験談をチェック みんなの転身スタイル

あん摩マッサージ指圧師

大江田 美鈴さん
大江田 美鈴さん(53歳)女性 不動産会社での営業事務

期間 : 3年 / 費用 : 5,400,000円

転身前は? 客室乗務員、専業主婦を経て前職に。女性が長く活躍しにくい仕事と感じて物足りなさを抱き始めたなか、今の道を知りました。
転身後は? 「あ、杖を忘れた!」というお客様も。 施術で変化が見られるのが嬉しい!当院にはガン治療の後遺症・リンパ浮腫のケアで来られるお客様が多いです。再発への不安などから、最初は深刻な表情でいらっしゃる方が、施術を続けるなかで徐々に明るくなっていく。来院時に手放せなかった杖を忘れて帰られるなど、たった1度の施術で変化が見られる方も…。そんな様子を見られることに、やりがいを感じています!

今すぐあん摩マッサージ指圧師の学校を探そう!

  • 大阪で探す
  • 福岡で探す